マシニング加工

立型マシニングセンタ

 立型マシニングセンタとはドリルによる穴あけやタップによるネジ切り、エンドミルを用いた切削加工などを自動で工具を交換しながら行う工作機械です。超硬エンドミルを用いることで焼き入れ鋼材の加工も可能になっております。


<弊社設備立型マシニングセンタ>

  • 大隈豊和 MILLAC468V 加工可能範囲:X820 Y460 Z450

<立型マシニングセンタでできること>

  • プレス金型各種部品の加工
  • 試作品、各種金属部品、治具等の加工
  • SKD、SKS等の焼入鋼材の超鋼エンドミルによる切削加工

<立型マシニングセンタで加工できる材料>

  • SKD, SKH, SKS, SK, S55C, SS400等特殊鋼から一般鋼まで各種鉄類
  • その他金属類の加工はご相談下さい



サブコンテンツ

このページの先頭へ